継続的に英語を勉強しよう|英語などの必要な能力を磨いて貿易事務の求人へ応募しよう

継続的に英語を勉強しよう

レディ

英語力はどの程度必要か

貿易事務であれば、最低限の読み書きは必要になりますので、ネットの英語ニュースなどが8割ほど理解できる位の英語力は必要です。もちろん定型文などもありますし、専門用語などは覚えれば分かってきますが、事務処理的な仕事も多いので、素早く英文を読んで対応するということが必要になります。滞りなく業務ができるという意味では、高いレベルの英語力が必要でしょう。貿易に関しても勉強しながらなので大変ですが、効率よく勉強することで目標を達成しましょう。

英語は継続的に勉強することで伸びる

もしも英語の能力に自信がなく、これから勉強していきたいという人は、英語力はすぐには上らないということを知っておきましょう。どんな語学でも習得には膨大な時間が掛かる上に、英語と日本語は言語的に異なる部分が非常に多いのでとても大変なのです。そのため、短期間で英語力を上げようとしても上手くいかず、成長がストップしてしまうことがあります。はじめから困難さを理解し、長期的な計画を立てることで、着実に英語力は伸びていきますので、そのつもりで取り組むとよいでしょう。

貿易事務に必要な読み書きの能力を伸ばすために

貿易事務として働く上で、一番大事な能力は読み書きになります。では読み書きを効率的に伸ばすためにはどうすればよいのでしょうか。とにかく量をこなすべきだという意見はもっともですが、同じ量をこなしても伸びる人と伸びない人がいます。このような場合、伸びない人には基礎的な力が足りていない可能性が高いです。基礎的な文法知識は全て押さえているよと思っている人も多いですが、基礎は知っていれば良いというものではないので、認識を間違えないようにしましょう。基礎力を伸ばすことが大事なのです。基礎を伸ばす方法として、SVO型の簡単な文章を自分で何パターンも書いていき、頭の中にSVOという文形の感覚を入れることが大事なのです。英語の語順を感覚的に理解できるようにすることで、文章の読み書き能力が飛躍的に上がります。

研修やセミナーに参加しよう

英語を自分で勉強しながら、積極的に貿易事務になりたい人向けの研修やセミナーに参加しましょう。英語の勉強方法や、どの程度まで力を伸ばさなければいけないのかが具体的にわかります。疑問点があればどんなことでも質問できるので、貿易事務になるまでの道のりがより具体的になるでしょう。また、セミナーで同じように貿易事務を志す人たちと交流することで、情報交換などをすることができます。貿易事務の紹介サイトに登録したら、通える範囲で研修やセミナーなどが開催されていないか調べてみましょう。

広告募集中